医業経営には専門家の支援が必要です

北九州市、周辺も含めて 病院・医院・クリニックを経営されている方へ

病院経営は専門家のアドバイスが必要です

今後の診療報酬マイナス改定の中、相対的比較をしたうえでいろいろな決断が必要となります。
この時の判断には正確な医療情報が必要です。 自院の経営理念を実現していくためにはそれなりの専門家のアドバイスが必要になる可能性が高いです。
多くの経験と豊富な事例をもとにされた経営アドバイスは貴院の経営舵取りに有用です。

経営を軌道にのせるための専門的アドバイスが必要です。

経営的な方向性をはっきりさせるには あなたは どちらを目指すのか? を決める必要があります。

地域により医療施設の要求される内容はことなる場合もあります。
なぜなら周辺施設の意向、方向性が関係するからです。
患者さんの数はある程度決まっています。 その患者さんを適切かつ、有益に医療を施す・・・このためにも周辺施設、周辺地域の医療事情を把握した医療コンサルタントからのアドバイスが有用となってくるわけです。

具体的には急性期医療を目指すのか、亜急性期医療を志向するのか、慢性期医療に取り組むのかを明らかにしなければなりません。
今、医療界は自己完結型から地域完結型に変化しており、地域における自院の役割・特徴をはっきりさせて、地域が求めている医療提供を十分に把握、将来の変動を見据えて方向を消えます。

地域連携に必要性は明らかなのですが、連携の重要性、価値の部位を正確に予想する事はかなりのセンスが必要となるでしょう・・・

当然、在宅医療への取り組みが重要になってきます。

いまは勤務医をされている先生も年齢、医局などの関係、お子さんの教育環境などいろいろな問題が関連して「開業をしよう」 と思う事があるかと思います。

実績・・・あるコンサルタントからのアドバイスで開業支援を受ける事は重要な成功要因だと思われます。

どのようなサービスが考えられるか? 以下羅列しますが、個々の状況、地域情勢、近隣医療状況を踏まえて行う必要があります。

(1)経営戦略策定支援
(2)病棟再編成支援
(3)建替・移転シミュレーション作成
(4)介護保険サービス導入支援
(5)事業承継支援(M&A含む)
(6)組織再構築支援

いろいろあります。